多値論理研究会

多値論理研究会ニュースNo.91

ダウンロード:news091.txt (漢字コード:UTF-8)

 

      多値論理研究会ニュース

          MMV          VLL
          MMVV        VVLL
          MM VV      VV LL                     No.91    2018年 12月
          MM  VV    VV  LL                     発行責任者: 本間 尚文
          MM   VV  VV   LL                     編 集 者: 中原 啓貴
       MMMMM    VVVV    LLLL
       MMMMM     VV     LLLL


掲載事項

1. 新委員長挨拶
2. 新役員紹介
3. 第41回多値論理フォーラム報告
4. 第32回多値論理とその応用研究会開催案内
5. 第77回多値論理研究会委員会議事録
6. 第53回多値論理研究会年次総会議事録
7. 会計報告

------------------------------------------------------------------------

1. 新委員長挨拶
                                     (東北大学 本間 尚文)

 このたび2018年9月の広島における総会にて, 2020年9月までの2年間, 多値論理研究会の委員長を拝命いたしました.歴史と伝統ある本研究会の委員長を務めることとなり,大変身の引き締まる思いです.ご指導とご鞭撻のほど何卒よろしくお願い致します.
さて,学術的・社会的諸問題を解決する手段として学際的な研究の重要性が説かれて久しいですが,多値論理研究会ではかねてより「多値論理」とその多値的発想をキーワードとして,数学, 論理, 回路, システムの研究者のみならず,それに端を発するさまざまな応用分野の研究者が集い, 学際的な研究交流を行う場を提供してきました. 最近では,近年注目が高まっているヘルスケアや人工知能(AI),情報セキュリティといった分野の研究発表もみられます.こうした多彩な研究者が一堂に会して,議論できることは本研究会の大きな魅力です.さらに,本研究会では,発表者は暖かな雰囲気の中で多岐にわたるアドバイス,コメント,情報を得ることができます.特に,研究を始めたばかりの学生にとって,この上ない学びの場となっています.こうした諸先輩が築き上げられてこられた素晴らしい伝統を受け継ぎつつ,今日・将来の社会の要請に応えられる研究会として更に発展させられるよう微力ながら力を尽くして参りたいと存じます.
 今後2年間は, 多値論理とその応用研究会と協力しまして,下記の予定で研究会・フォーラムを開催していく予定です.ぜひご参加くださいますようお願い致します.
 2019年1月  東工大(大岡山)
 2019年9月  宮崎
 2020年1月  姫路
 2020年9月 未定
このところ若手研究者の当研究会への入会が少なく,新規会員の増加が本研究会の喫緊の課題となっています.上記研究会・フォーラムでは,新たな参加者を募るような企画も検討していきたいと考えております.また,2020年5月には記念すべき「第50回多値論理に関する国際シンポジウム(ISMVL)」が宮崎にて開催される予定です.多値論理研究会としては,同シンポジウムの成功に向けて全面的に協力してまいります.
 これらの取組みを実現するためには, 皆様方のご協力が必要不可欠です. どうぞ, 多値論理研究会へのご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます.


------------------------------------------------------------------------
2. 新役員紹介 (任期: 2018年10月~2020年9月)

委員長    本間 尚文(東北大学)
庶務担当幹事 夏井 雅典(東北大学)
技術担当幹事 飯島 洋祐(小山高専)
会計担当幹事 平山 貴司(岩手大学)
会計監事   永山 忍 (広島市立大学)
広報担当幹事 中原 啓貴(東京工業大学)

委 員    青木 孝文
委 員    植村 哲也
委 員    上浦 尚武
委 員    菊池 浩明
委 員    グラント ポゴシャン
委 員    小橋 昌司
委 員    長田 康敬
委 員    穂積 隆広
委 員    松本 政之
委 員    宮川 正弘

オブザーバー 荒木 智行
オブザーバー 井口 幸洋
オブザーバー 石塚 興彦
オブザーバー 亀山 充隆
オブザーバー 北橋 忠宏
オブザーバー 笹尾 勤
オブザーバー 高木 昇
オブザーバー 巽 久行
オブザーバー 淡野 公一
オブザーバー 中島 恭一
オブザーバー 畑  豊
オブザーバー 羽生 貴弘
オブザーバー 樋口 龍雄
オブザーバー 町田 元
オブザーバー 向殿 政男
オブザーバー 村中 徳明
オブザーバー 弓仲 康史
オブザーバー 涌井 文雄
オブザーバー 和保 孝夫

------------------------------------------------------------------------

3. 第41回多値論理フォーラム報告
                                            (開催担当幹事:荒木 智行)

 本年の多値論理フォーラムは、9月15日(土)〜17日(月)、3日にわたり、広島市の天然温泉・クアフス神田山荘で開催されました。昨年の奈良県明日香村の関西大学セミナーハウスで開催された第40回の記念大会に続き、本年も合宿形式での開催となりました。
 発表件数は21件、参加者数44名で充実した研究会を開催できました。研究会で勉強した後は温泉に入り、食事をしながらの議論・歓談ができ、様々な面で研究会としての役割を果たすことができたと思います。今回のフォーラムは、予算の関係で当初、合宿は無理と考えられておりましたが、神田山荘様が研究会特別プランを提案してくださり、立派な会議室と宿泊を格安で利用するこよができました。最終日は解散後、平和記念公園、原爆ドーム、広島城など散策もできました。
 開催にあたりご協力しただきました多数の皆様に感謝して報告を終わりたいと思います.

------------------------------------------------------------------------

4. 第32回多値論理とその応用研究会開催案内
                                            (開催担当幹事:中原啓貴)

 2019年1月に東京工業大学(大岡山キャンパス)にて第32回多値論理とその応
用研究会が開催されます.奮ってご参加下さいますようお願い致します.

座長:河口 万由香(北海道大学)
日時:平成31年1月12日(土)14:00-17:35,1月13日(日)9:00-12:35
会場:東京工業大学 大岡山キャンパス
   南3号館2階第1会議室(S3-201号室)
   〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1
      https://www.titech.ac.jp/maps/
連絡先:
   岩手大学 平山 貴司
      E-mail : hirayama@cis.iwate-u.ac.jp
多値論理研究会のホームページ:
      http://mvl.jpn.org/
講演プログラム(*):
 *題目や講演順序の変更があるかもしれません

■1月12日(土)14:00-17:35
 1. ディープニューロファジィの自動設計法に関して(仮)
        ○下田将之、佐藤真平、中原啓貴(東京工業大学)
 2. Intel社OpenCLを用いた3状態CNNの実装に関して(仮)
        ○佐田悠生、佐藤真平、中原啓貴(東京工業大学)
 3. Sparse Robust Deep Autoencoderによる心電図外れ値検出器の小型ハードウェアへの実装
        ○曽我尚人、佐藤真平、中原啓貴(東京工業大学)
 4. 雑音畳込みニューラルネットワークとその専用回路のFPGA実装に関して
        ○中原啓貴、宗形敦樹、佐藤真平(東京工業大学)
 5. 不完全定義インデックス生成関数の代数的方法による変数削減:繰り返し改善法
        ○甲斐和幸、笹尾勤、井口幸洋(明治大学)
 6. 部分的に定義された多値入力決定関数の変数最小化について
        ○笹尾勤(明治大学)
 7. 偏位マスキングの多値化PUFへの拡張とその暗号鍵生成への応用に関する検討
        ○上野嶺、本間尚文(東北大学)
 8. 線形最近傍アーキテクチャによって構成された量子回路の簡単化
        ○槇翔史、平山貴司、山中克久(岩手大学)

■1月13日(日)9:00-12:35
 9. 量子プログラミングに関する一考察
        ○金光智幹、ベイリイ・クリストファーユージン、荒木智行(広島工業大学)
10. デジタル・サイネージへのQRコード電子すかしの埋込み
        ○永登健太、荒木智行(広島工業大学)
11. IoT時代の多段階認証方式
        ○兼見柊哉、宮本康太郎、荒木智行(広島工業大学)
12. 字形評価を用いたペン字上達支援システムの構築
        ○松谷秀一朗、星景陽、村中徳明(関西大学)
13. 逆問題等への深層学習の応用-深層学習応用の分類
        三木彰馬、榎原博之(関西大学)、○北橋忠宏(大阪大学名誉教授)
14. 2段構成オペアンプおよびコンパレータのための新たなオフセット補償法の提案
        ○坂本裕貴、大坪尚貴、田村宏樹、淡野公一(宮崎大学)
15. MTJベースばらつき補正機能を用いた2値化ニューラルネットワーク向け低消費電力・
省面積bitcount回路の構成
        ○千葉智貴、夏井雅典、羽生貴弘(東北大学)
16. 多値高速伝送に向けたデジタル/アナログハイブリッド波形整形回路の検討
        ○飯島洋祐(小山高専)、弓仲康史(群馬大学)

参加登録費:一般1000円、学生無料、シニア無料

主催:ディペンダブルコンピューティング研究会
共催:多値論理研究会

------------------------------------------------------------------------

5. 第77回多値論理研究会委員会議事録
                                            (庶務担当幹事 夏井先生欠席のため
                                              代理:荒木先生)

報告事項
1.第41回多値論理フォーラム開催状況報告
         (開催担当幹事:荒木智行)

 開催担当幹事の荒木より以下が報告された。
 ・発表件数:21件
 ・参加者 :44名(2日目時点)


2.ISMVL2018開催状況報告(弓仲先生)
                                 (MVL-TC Vice-Chair:弓仲 康史)

 弓仲先生より以下が報告された。
 ・発表件数:47(招待講演:3件、一般講演:44件)
 ・参加者 :73名(日本より19名)

3.ULSI-WS2018開催状況報告
          (夏井先生代理:荒木)

 夏井先生の代理で荒木から以下が報告された。
 ・発表件数:8件(うち招待講演1件)
 ・参加者 :25 名

4.ISMVL2019開催準備状況

 ISMVL2019の開催準備状況について本間先生、永山先生から報告があった。
 既にHPで告知されているように
 ・アブストラク締め切り:11月4日
 ・フルペーパー締め切り:11月11日
 HPにあるように準備が進められている旨が報告された。

5.皆勤賞・精勤賞について(夏井先生代理:荒木先生)

 明治大学 井口先生が精勤賞の基準に達した旨、報告された。
今回は、諸般の事情で表彰状の作成が10月以降でないとできないので
表彰式は来年1月の2種研で行いたい旨が報告された。
井口委員も他の委員からも、このことは承諾された。

6.その他

  なし

審議事項
1.会計報告

 会計担当幹事の平山先生より平成29年度の多値論理研究会の会計報告が行われた。

2.会計監査報告

 会計監査の本間先生により会計処理が適切に行われてことが報告された。
 以上の報告をもとに審議が行われ承認された。

3.第32回 (2019年1月)多値論理とその応用研究会について

 中原先生から第32回 (2019年1月)多値論理とその応用研究会について以下の提案があり
 承認された。

 日時:2019年1月12日(土)〜13日(日)
 場所:東京工業大学 大岡山キャンパス

4.第42回 (2019年9月)多値論理フォーラムについて

 畑先生より第42回 (2019年9月)多値論理フォーラムについて説明があった。
 次回の多値論理フォーラムは、ISMVL2020の予行演習として行う。
 ・開催場所はISMVL2020と同じホテルで行う。
 ・開催日に関しては、今後調整させて欲しい。
 以上のことが了承された。

5.今後の研究会開催について

 今後の研究会について荒木から説明があった。
 ・2019年1月 東工大(中原先生)
 ・2019年夏  ホテルメリージュ(宮崎)(畑先生)
 ・2020年1月 畑先生の都合の良い場所
 ・2020年夏  未定(2018年9月時点)

6.ISMVL2020について

 畑先生よりISMVL2020について説明があった。
 ・開催期間:5月20日〜22日
 ・開催場所:ホテルメリージュ(宮崎)
 様々な件について説明があり、話題を共有した。

7. 次期委員長について

 現委員長の荒木より次期委員長として
 東北大学 本間尚文先生を次期委員長として推薦する旨の提案がなされ
 満場一致で承認された。

8.総会議題

 荒木より総会の議題が示され承認された。

------------------------------------------------------------------------

6. 第53回多値論理研究会年次総会議事録
                                            (庶務担当幹事 夏井先生欠席のため
                                              代理:荒木先生)

日時:2018年9月16日(日)14:40-15:00
場所:天然温泉クアハウス 神田山荘

報告事項
1.第41回多値論理フォーラム開催状況報告
          (開催担当幹事 荒木智行)
 開催担当幹事の荒木より以下が報告された。
 ・発表件数:21件
 ・参加者 :44名(2日目時点)

2.ISMVL2018開催状況報告
                                (MVL-TC Vice-Chair:弓仲 康史)

 弓仲先生より以下が報告された。
 ・発表件数:47(招待講演:3件、一般講演:44件)
 ・参加者 :73名(日本より19名)

3.ULSI-WS2018開催状況報告

 夏井先生の代理で荒木から以下が報告された。
 ・発表件数:8件(うち招待講演1件)
 ・参加者 :25 名

4.ISMVL2019開催準備状況

 ISMVL2019の開催準備状況について本間先生、永山先生から報告があった。
 既にHPで告知されているように
 ・アブストラク締め切り:11月4日
 ・フルペーパー締め切り:11月11日
 HPにあるように準備が進められている旨が報告された。

審議事項
1.会計報告

 会計担当幹事の平山先生より平成29年度の多値論理研究会の会計報告が行われた。
 続いて会計監査の本間先生により会計処理が適切に行われてことが報告された。
 以上の報告をもとに審議が行われ承認された。

2.2019年1月2種研以降研究会開催について

 荒木より2019年1月の2種研以降の研究会開催スケジュールについて説明があった。
 特に異論なく承認された。

 ・2019年 2種研 1月12日(土)〜13日(日)
  場所:東京工業大学 大岡山キャンパス(開催担当幹事:中原先生)

 ・2019年 多値論理フォーラム 日程は調整中
  場所:ISMVL2020開催予定のホテルメリージュ(宮崎)(開催担当幹事 畑先生)

 ・2020年 2種研 日付は調整中
  場所:ISMVL General Chair 畑先生の都合の良い場所
 
3.皆勤賞・精勤賞について

  荒木より、今回のフォーラムで明治大学 井口先生が精勤賞に達したことが発表された。

4.次期委員長の推薦(荒木)

  現委員長の荒木より次期多値論理研究会委員長として東北大学 本間尚文先生が推薦された。
  満場一致で承認された。

5.その他

  特になし。
                                 以上

------------------------------------------------------------------------

7. 会計報告
                                            (会計担当幹事:平山 貴司)

  2017年度会計と2018年度予算案の資料をご希望の方は会計担当幹事の
 平山までご連絡下さい.

------------------------------------------------------------------------